格安航空券の情報

 

様々な種類のメディアに於いて、格安航空券という言葉が使われるのを見たり、聞いたりした経験のある人も少なくないでしょう。ただし、格安航空券の意味を、正しく理解している人は意外に少ないのではないかとされています。

格安航空券とは、読んで字のごとく、格別に値段の安い航空券のことであるのは間違いありません。ただ、販売価格が安ければ、何でもかんでも格安航空券と呼ばれる訳ではありませんので、注意を払いたいものです。

例えば、航空会社のオリジナル割引制度によって提供されているPEX航空券は、通常のチケットよりも売価が安いものの、格安航空券としては取り扱われません。格安航空券は、航空会社から旅行会社に卸され、ばら売りされる、割り引き料金が設定されたツアー用の航空券のことを示します。

格安航空券の意味が分かったとしても、通常のチケットよりも安い価格設定がなされていることを不思議に思ったり、猜疑心を抱いたりする消費者も存在します。そうしたリーズナブルな値段が付いているのには、複数の理由がありますので、それらに関する理解を深めることが大切です。

例えば、格安航空券は一枚一枚ばらで売られていますが、元々はツアー顧客用のチケットになります。したがって、団体割引が適用され、通常よりも割安な価格で販売されているのです。

このサイトでは、格安航空券という言葉の意味や、そのメリット、デメリットなどに関して、具体的に説明します。